過去に作成した利用者請求書に誤りがあり、当月に正しい請求額の利用者請求書を作成する操作方法について

投稿日:

利用料金集計画面より、データ処理「追加/過去分の再請求」で「実行」します。
前回請求した締め対象月に合わせて、利用者を取り込むと差額の金額が表示されます。
画面上は差額金額が表示されますが、請求書を発行すると本来請求する金額が表示されます。

 

例題と入力のポイント

例題
前月(令和1年6月提供分)請求したデータが返戻になり、請求年月【令和1年8月】で再請求を行うので請求書を発行しなおす場合

操作方法

介護報酬請求画面より、再請求する月に「再請求」状態の請求データがあるか確認する

メニュー請求->①介護報酬請求

step
1
介護報酬請求画面より、「請求データ一覧」画面を開きます。

  1. 再請求する月(ここでは令和1年8月)を選択します。
  2. 処理対象の事業所を選択します。
  3. 「請求データ一覧」をクリックします。

step
2
「再請求」で登録ができているか確認します。

  1. 請求区分「再請求」で登録され、「確定日付」が入っているか確認します。

登録ができていない場合は請求データを追加してください。

 

 

利用料金集計画面より、「再請求」の利用者の請求書を作成する

メニュー請求->③利用料金集計

step
1
利用料金集計画面で締め対象月を設定します。

  1. 締め対象月(ここでは令和1年7月)を選択します。
  2. 対象のサービスを選択します。
  3. データ処理「追加/過去分の再請求」を選択します。
  4. 「実行」をクリックします。

step
2
該当の対象月と利用者を選択します。

  1. 締め対象月(ここでは令和1年6月/提供年月 令和1年6月)を選択します。
  2. 「再請求」を行う利用者にチェックを入れます。
  3. 「実行」をクリックします。

step
3
利用者が追加され、差額の金額が表示されます。

  1. 利用料金集計画面に利用者が追加され、差額の金額が表示されます。

返金がある場合は赤字、追加がある場合は黒字で金額が表示されます。

前月以前に当該月の請求書(誤った金額)が作成されている必要があります。

step
4
請求書を作成します。

  1. 請求書のタブを選択します。
  2. データ処理:請求書[追加]で「実行」をクリックします。
  3. 請求書支払期日設定画面が表示されます。必要に応じて変更し「実行」をクリックします。
  4. 請求額、(ご利用額)に差額が表示されます。

上記、請求データ作成後の請求書発行(印刷)手順は通常通りになります。

チェックポイント

利用料金集計、請求書は差額金額が表示されますが、請求書を発行すると本来請求する金額が表示されます。

Copyright© Quickけあ コミュニティサイト , 2020 All Rights Reserved.